引き寄せと量子論

【お金と引き寄せの法則】お金と豊かさを引き寄せる「意識活用法」

【量子論的引き寄せ】どんどん豊かになる「意識活用法」
なかのちはる
なかのちはる
「お金を引き寄せたい」のなら、意識を変えれば叶います。
どうやって意識を使うのかを、わかりやすくお伝えします。

「今日が豊かなら、明日も豊かが続く」量子論的仕組み

「引き寄せの法則」で引き寄せたいもののひとつが「お金」。

豊かになりたい=お金持ちになりたい

と考え、引き寄せの法則を実践しているのではないでしょうか。

量子論的に考えると「今日が豊かなら、明日も豊か」となります。
その仕組みを理解すると、「引き寄せの法則」をより使いこなせます。

「お金持ち」意識と「貧乏人」意識の違い

「お金を引き寄せたい!」という願いを持つ方は多いもの。
実際にわたしのセッションにもいらっしゃいます。
わたしもそう思っていた一人です。
けれど最初はうまく引き寄せられませんでした。

「お金持ちと貧乏な人の違いってなんだろう??」
そう考えたとき、お金が引き寄せられない原因に氣付けたのです。

それは・・・
「お金持ちほど『お金持ちになりたい!』と意識していない」ということでした。

当たり前ですが、お金持ちはお金持ちになりたいとは考えていません。
すでにそうなのですから、願うことはないんですね。

健康な人が「健康になりたい!」と思わないように。
しあわせな人が「しあわせになりたい」と思わないように。

”すでにそう”だから、ずっとそうあり続けるのですね。

アファメーションの効果が出ない人の意識

アファメーションとは、「肯定的な自己暗示」「肯定的な自己宣言」と言われるもの。
ポジティブな言葉を宣言することで、思考が変わりアファメーション通りの現実が叶う、という原理です。

例えば、
「わたしは、毎日あらゆる面で、どんどんよくなっている」
のような肯定的な宣言を毎日するのです。

このアファメーションで効果が出る人と出ない人の大きな違いは、「前提の意識」です。

効果が出ない人は、「不足」に意識を向けています。
先ほどの例文で考えると、
「わたしは、毎日あらゆる面で、どんどんよくなっている」
と唱えながら、
心の中では、
「今はよくないけれど、毎日どんどんよくなるはず」
と意識しているのです。

「今は望み通りの現実ではない」というのは「今はそうではない」という「不足」の意識です。
量子論的に、「不足」の状態からは、不足しか生まれません。
このように、アファメーションを効果的に活かすには、「今もそう、これからはよりそうなる」という「前提の意識」が大切なのです。

意識したものが拡大する

量子論的に、「意識したものが拡大」します。

お金を引き寄せたいのであれば、お金が入ってくることを意識するよりも、お金が入ってきたときの感情に意識を向けることが大切です。

「引き寄せの法則」は、似たものが引き寄せられるもの。
「お金がある」とき、どんな感情を感じますか?
「感情」は、身体の反応です。
お金があるとイメージした時、身体で感じる感情を意識的に先に与えることで、身体は「お金がある」状態になります。
この身体の状態が波動をだし、「お金がある」状態に似たものを引き寄せるのです。

今お金がないから、「お金がある」という意識にはなれないという方は、ぜひ試してみてください。

どんどん豊かになる「意識活用法」

お金を引き寄せる意識の使い方についてお伝えしてきましたが、お金さえあれば「豊か」なのでしょうか?
お金があったとしても、しあわせを感じられないのなら「豊か」とは言えないと、わたしは考えます。
もちろん、お金があることである程度しあわせだとは思います。
けれどわたし自身は、お金と豊かさはイコールではないと考えています。

わたしが考える「豊かさ」は、自分であることを喜べる意識であり、五感から感じるものです。

そんな豊かさを感じるための「意識活用法」をお伝えします。

「すでに豊か」なわたしなら、何を選択するか?

「豊かでない」意識で生きていると、選択するものも変わっていきます。

具体的には、

・欲しいものより、安いものを選ぶ
・自分の心地よさより、値段で選ぶ
・誰かの情報を優先して、自分の五感を信じない

など。

お金がある自分なら、安いものより欲しいものを選ぶはずです。
本当に「豊か」であれば、値段や情報よりも、自分の心地よさを優先させるはずなのです。

この意識の差が、引き寄せるものの差なのです。

迷った時は「すでに豊か」な自分が選択する方を選びましょう。

「毎日が特別な日」という意識がカギ

もう一つ、豊かでないと現実を創っているもの、それが毎日を「いつも通り」に過ごすことです。

典型的なのが「特別な日」だけ、おしゃれをしたり、自分に贅沢をゆるすこと。

毎日が楽しく、豊かに暮らしたいのであれば、「毎日が特別な日」という意識で過ごすことが大切です。

毎日、とっておきの下着を着ける。
毎日、本当に食べたいものを食べる。
毎日、ちょっとした”贅沢”を自分に与える。

こんな風に「毎日が特別な日」という意識で過ごすことで、自分から発せられる波動も変わります。
波動が変われば、引き寄せられるものも必然的に変わっていきます。
「似たものが引き寄せられる」引き寄せの法則の効果が、思う存分発揮されるのです。

あなたは、今日をどんな日だと意識して過ごしていますか?
その意識がそのまま、あなたの現実を創っているのです。

豊かさの基準は「お金」ではなく「感覚」

「豊かさ」を感じるのは、感情です。
思考で「わたしは豊かだわ」と感じているのではないんですね。

感情とは、身体の反応のこと。
「豊かさ」を感じる時、身体はリラックスしてじんわり温かくなるのではないでしょうか。

「引き寄せの法則」で「豊かさ」を引き寄せたいのであれば、この身体の反応を意識すればよいのです。
それは、お金がなくてもできます。

・ゆっくりお風呂に浸かる。
・お氣に入りのお茶を丁寧に淹れる。
・いつか着ようと思っていた下着や洋服を普段から着る。

そういったちょっとした自分へのおもてなしが、豊かな現実を引き寄せてくれるのです。

最初に、自分を満たすことで現実も満たされる仕組みでもあります。

意識を変えるだけで「豊かさ」は、カンタンに創れます。

ただし、結果を望みすぎると執着になってしまい、なかなか引き寄せられなくなります。
日常的な「意識活用法」を身に付けたい!という方は、ぜひセッションにお越しくださいね。

また、アファメーションしているのに効果がない、というお悩みや「お金がない」意識から抜け出せないという方もセッションで意識を整えましょう。