引き寄せと量子論

夫の心を掴む!【マズローの欲求5段階層】活用法

夫の心を掴む!【マズローの欲求5段階層】活用法
なかのちはる
なかのちはる
「マズローの欲求5段階層」は、とても有名なのでご存知の方も多いですね。
この理論、実は夫婦関係や子育てにとても有用なのです!

どう活用できるのか?そもそもどんな理論かについても合わせて、お伝えします。

マズローの欲求5段階層って、何?

「マズローの欲求5段階層」は、アメリカの心理学者「アブラハム・マズロー」が主張した人間の欲求の階層のことで、「自己実現理論」とも言われています。

その5つの階層について説明しますね。

【マズローの欲求5段階層】

5段階層は、ピラミッド型。
底辺が第1段階、頂点が第5段階です。

一番下、第1の欲求が満たされると一段上の第2の欲求を満たしたくなる、という風に階層が上がっていきます。
下から一つずつ、解説していきますね。

1、生理的欲求

生命を維持するために不可欠な必要最低限の欲求です。
より高次の欲求を満たすためには、この生理的欲求が満たされていることが大前提となります。

2、安全の欲求

身体的に安全で、かつ経済的にも安定した環境で暮らしたいという欲求。
「わたしは経済的に安定してない!」と話す方は多いですが、この場合の「経済的安定」は、明日の生活もままならない、という状態です。
紛争地域や病気などで快適な生活が送れないという状態のことを指します。

3、社会的欲求

何らかの社会的集団に属して安心感を得たいという欲求。
所属と愛の欲求とも言われます。
生理的欲求・安全の欲求が満たされた「物質的満足」だけでは、わたしたちは健やかな日々が送れないということです。
自分を受け入れてくれる親密な他者の存在が人間には不可欠なのです。

4、承認欲求

前の段階では、集団に属することで満たされましたが、この段階になるとその集団の中で高く評価されたい、自分の能力を認められたいという欲求が生まれます。
例えば家庭に属していれば、社会的欲求は満たされますが、そこで愛さない、大切にされないとなると悲しいですよね。
また、この承認欲求には「低次の承認欲求」と「高次の承認欲求」があります。
「低次の承認欲求」とは、他人に認められる、評価されることを求める欲求のことです。
「愛されたい」というのもここに分類されます。
「高次の承認欲求」は、自分が自分を承認できるかが鍵になります。
他人軸から自立し、あくまで自分の立てた基準や目標に従った欲求になります。

5、自己実現の欲求

自分にしかできないことを成し遂げたい、自分らしく生きていきたいという欲求です。
前段階の「承認欲求」が満たされても自分の持つ理想の自己と現実の自分が一致していないと人はそのギャップに悩みます。
これは、社会的な成功に限りません。
理想の自己イメージに近づくことが自己実現を果たすことになります。

ここまでが一般的な説明になります。

ここからは、この欲求5段階層をいかにパートナーシップに活かすのか?についてお伝えしていきます!

「マズローの欲求5段階層」を夫婦関係・子育てに活用しよう!

人間の特性として、「4」の承認欲求を満たしてくれた人に「5」の自己実現を見てもらいたいというものがあります。
つまり、自分を評価してくれたり褒めてくれる人の前では、「理想の自分」で在ろうとするし、在りたいと考えるんですね

これを応用しているのが「夫を褒めましょう」という”愛され妻”的な考えです。
やっぱり「愛され妻的」な行動がいいんじゃん!!と思いました?

いいえ、違うんです!!

この流れでいくと、「低次の承認欲求」しか満たされないんです。
「高次の承認欲求」がスカスカなんですね。
パートナーシップがうまくいかない人は、この「高次の承認欲求」が不足してます。

男女問わず、です。

そこで大切になっていくのが、「自分が自分を承認する」ことなんですよ。

愛され妻になろうとしても、うまくいかない理由

わたしが「愛され妻的」な考えが理に適ってないとお伝えしているのは、「高次の承認欲求」を見落としてるからなんです。

「自分が自分を承認する」ことができてない人が他人を承認することはできません。

「愛されるため」に夫を褒めたところで、「自分が自分を承認」できてないなら、結果は自分の心にポッカリ穴が開いたような満たされない現実しか現れないんです。

エネルギーで考えるとよりシンプルです。

自分が自分を承認する=「愛」のエネルギー

ということになります。

自分が「愛」のエネルギーでいれば、他人に与えるものも「愛」ですし、自分が発する波動に似たものが引き寄せられるのが大原則であり法則ですから、現実に現れるものも「愛」になるんです。

結局のところ、夫に愛されるために夫を褒めたところで、自分が自分を承認できてないなら、現実が変わるわけないんですよ。

自分で自分を承認できれば、勝手に愛されるようになる

「自分が自分を承認する」ことができるようになると、現実は面白いほど簡単に変わります。

また、高次の承認欲求が満たされるので、自己実現の欲求段階に移ります。
すると自然と「やりたいこと」や「使命」が分かるようになるんです。

そして、「やりたいこと」や「使命」に没頭すればするほど、どんどん周りから愛されるんです。

周りから愛されれば、自分も周りに愛を与えます。
するとその愛がまた返ってくる。循環が増幅するんですね。
ワクワクしますよね?

「マズローの欲求5段階層」を活用した【愛される法則】

わたし自身、この流れに気づいた時、それまで自分がやってきたことがまったく逆効果だったということを理解できました。
そこから完全に夫に向いていた意識を少しづつ自分に向けていきました。
続けていたら、いつの間にか夫がわたしだけを見るようになっていたんです。

正直、驚きました。

「こんなことなら、もっと早く自分の好きなように生きればよかった!」って。

学んでも変わらない人が見落としていること

「マズローの欲求5段階層」を活用した【愛される法則】を理解するのは、そう難しくないです。
ただね、知っているだけでは現実は変わりません。
ちゃんと「行動」しなければ、知らないのと一緒ですから。

ただね、実際に行動するとなると…「怖い」んですよね。

仕組みを知ったとしても、今までの自分を変えるのが。

わたし自身も体験したことなので、その「怖さ」はよーくわかります。
わかりますが!意識と行動を変えて欲しいな、とわたしは願っています。

なぜなら、行動する以外に「愛される」ことはないからです。

愛されたいなら、まず始めにすべきこと

夫との関係を変えたい、子どもとの関係を変えたい。

そう考えているのなら、まずは「どんな自分も承認する」ことを徹底してみてください。

簡単なことなのに、効果は絶大です。
というか、これ以上に本質的な方法って存在しません。

「あなたはただ笑っているだけでいい」ということを実感してください。

初回限定セッションもあります