量子力学的思考法

【量子力学的思考法】「ゆるす」ことのエネルギー的作用

【量子力学的思考法】「ゆるす」ことのエネルギー的作用
なかのちはる
なかのちはる
「ゆるす」ことで人生は大きくシフトします。「ゆるす」ことがとても大きなエネルギーを動かすからです。そんな「ゆるす」ことについて、お伝えしたいと思います。

「ゆるす」ことの本質と量子力学的視点からのエネルギーの流れ

わたしの人生の課題の一つが「ゆるす」ということでした。
ほんと〜〜にゆるせなくて、のたうちまわりました。

そんなわたしが、ゆるせるようになったのは「ゆるす」ことの本当の意味を理解できたから。

まずは、「ゆるす」ということをエネルギー的に説明していきます。

「ゆるす」とは相手を「ゆるす」のではなく、自分を「ゆるす」こと

「ゆるす」と聞くと、相手を「ゆるす」と考えがち。

でもね、「ゆるす」の本質は、自分を「ゆるす」』ことなのです。

どういうこと??と思うよね。

説明します!

「ゆるす」ということは、自分とは価値観が大きく違う相手の価値観を”自分”に取り込むことなんだよね。

「ゆるせない」という感情は、自分には信じられない価値観を持っている相手に感じるでしょ?

その相手の価値観を「それもあり」として、自分に取り込むことを「ゆるす」。

だから、ものすごく抵抗があるの。

嫌なんだもの、そんな価値観を取り入れるの。

けれど、これをエネルギー的に見てみるとね、ゆるさないということは相手にエネルギーを与えてることになるんだよ。

「ゆるさない」=ゆるせない相手にエネルギーを与えてる

ゆるさないということは、相手を「ジャッジ」しているということ。

「そんなことするのは、間違いだ」
「そんなことをするのは、人としてあり得ない」
「そんなことを言うのは、頭がおかしい」

みたいなことを感じるから、ゆるせないんだよね。

そうやって他者をジャッジするとき、人は”自分の”正義を振りかざしているのです。

正義を振りかざす時、実はエネルギーはどんどん抜けていきます。

なぜなら、「愛」の反意語が「正義」だから。

本来の在り方である「愛」の視点で生きているのなら、理解できない(理解したくもない)相手と出会った時、「あなたはあなた、わたしはわたし」とただ認めます。

さてさて、この「ゆるさない」ことで抜けていくエネルギーは、どこにいくと思いますか?
(エネルギーは無くなりません。周波数を変えて、世界に存在します。)

なんとなんと、自分から抜けたエネルギーは「ゆるせない相手」に吸収されていくのです!

嫌じゃないですか?嫌ですよね?

ゆるせないことで苦しんでいるのに、ゆるせないことでエネルギーまで取られてしまうなんて。

だからといって、そうは言っても、すぐにはゆるせないかもしれません。

けれど、「ゆるす」と決めれば、必ずゆるせるようになるのです

どうしたらゆるせるようになるのか?

ゆるさないことで苦しむのは、自分。
ゆるさないことでエネルギーが抜けてしまう。
抜けたエネルギーがゆるせない相手に吸収されている!

これを知った時、わたしはとてもショックでした。

だからこそ、「ゆるす」ことを決め、真剣に取り組み始めました。

もちろん、最初は「難しい」と感じていましたが、「ゆるす」ことの本質を知ることでゆるせるようになりました。

「ゆるす」とは愛の行為

人間は「愛のエネルギー」でできています。

アインシュタインも認めているように、宇宙最大のエネルギーは「愛」です。

先ほど、「ゆるす」とは相手をゆるすのではなく、自分をゆるすことだとお伝えしました。

それは、どんな自分も認めることでもあります。

価値がない。
美しくない。
愛されていない。
大切にされない。
才能がない。

そういう自分をそのまま認め受け入れることが、自分を「ゆるす」ことなのです。

価値がないから、認められない。
美しくないから、愛されない。
愛されないから、寂しそうに見られる。
大切にされないから、惨めになる。
才能がないから、お金がない。

こんな認めたくない自分を認めること、諦めること。
それはとても苦しいことですが、そのままの自分を認めることが「ゆるす」ことなのです。
「ゆるす」ことは、自分に対する「愛」なのです。

「どうせ」
「わたしなんて」
という自分に対する無力感。

これも、自分をゆるしていない証拠です。

「ゆるしたい」のなら、まずは、自分を「ゆるす」ことから始めてください。

自分を「ゆるす」と他人もゆるせるようになる仕組み

どんな自分でもいい。

そうやって、そのままの自分を「ゆるす」ことができると、周りの状況に左右されることが無くなります。

周りの評価がどんなものでも、自分が自分を認めているからです。

誰かに評価されないと価値がない、というような思考を手放せるからですね。

これができると、他人を「ゆるす」ことが楽にできるようになります。

なぜなら、自分の幸せを他人軸でなく、自分軸で考えられるようになるからです。

言い換えれば、他人がどうあろうと自分の幸せは揺るぎません。

その状態で、違う価値観と出会っても、「あなたの価値観はそうなのね。わたしとは違うわ。」となるだけなのです。

相手をゆるすことは、自分の「意識の拡大」を引き起こす

相手の価値観を認め受け入れること、すなわち「ゆるす」ことは、受け入れる自分に愛のエネルギーが増すことになります。

その上、自分が相手の価値観を受け入れるということは、分離していたものを統合することでもあるのです。

統合すると起こるのが、「意識の拡大」。

自分の意識の器がそれだけ大きくなるということなのです。

分離は苦しみの元です。

「ゆるす」ことで楽になるのは、分離している意識が統合されるからでもあるのです。

「ゆるす」ことが「善」、にしないことも大切なこと

「ゆるす」ことは「愛」、素晴らしいことです。

では、「ゆるさない」ことは「悪」でしょうか?

「ゆるさない」=「悪」とすると、やっぱりエネルギーが抜けてしまいます。

そんな時こそ、量子力学的思考法で考えてみましょう。

「愛」の視点から考える「ゆるさない」ということ

ゆるさないことを「悪」としてしまうと、ゆるせないことそのものがゆるせないことになりますよね。(ややこしいですね)

本来の「愛」の在り方から生きるなら、ゆるせなくてもいいし、ゆるしてもいいのです。

エネルギーが一番高い状態は、「ゼロ」です。

どちらでもいい、どちらにもなれる状態だからですね。

だから、ゆるせない人をゆるしたくないなら、ゆるさなくてもいいのです。

その時、ゆるせない自分もゆるすことがとても大切になります。

ゆるせないことを「悪」とするのではなく、「いつかゆるせるといいね」と祈ることが「愛」なのです。

ゆるせないことを正そうとするのではなく、いつかゆるせるよう「祈る」ことが大切なのです。

「祈る」ということは、現実の世界で起こる残酷なニュースやゆるせない人に出会った時に最善の行為です。

残酷なニュースの加害者を批判するのではなく、被害者の方が自分で自分を癒せるように祈ること。

ゆるせない人に出会った時、相手を非難するのではく、まずは自分のために祈ること。

この祈り」は、「愛」のエネルギーを最大限に活用する方法でもあるんです。

ゆるせないことに出会ったとき、ぜひ意図的に「祈り」を活用してみてください。

そして、「ゆるせない」こと、「ゆるさない」ことを「悪」と考えることなく、ゆるせないこともゆるしていきましょう。

「ゆるせない」出来事が「悪いこと」だとは限らない

どんな人間にも必ず「陰陽」があります。

100%悪い人も100%いい人もいないのです。

同じように、「ゆるせない出来事」が必ずしも「悪いこと」だとは限りません。

自分の過去を見ても、その時は「悪いこと」だと思っていたことが、時間が経つと必要な経験だったり、今につながる経験になっているものは少ないないはずです。

大切なのは、「起こることは全て最善」だと捉え、今ここからの選択を意識的にしていくことです。

また、時間のスパンを意識的に大きく捉えることも「ゆるす」ために大切な思考法です。

「ゆるす」とは、死ぬとき、どんな自分で在りたいのか考えること

わたし自身、ゆるすことで本当に生きやすくなりました。

ゆるすことでもたらされたものは、言葉では言い表せないほど大きなものでした。

だからといって、「ゆるす」ことが善だとは考えていません。

ゆるせない人を見ると、「生きづらいだろうなぁ」と感じますが、「ゆるさなきゃダメ!」とは微塵も感じません、

なぜなら、どんな感情も体験できることが幸せだと考えているからです。

けれど、ゆるしたいけどゆるせないという方にサポートを求められれば、ゆるすための方法をお伝えしています。

その中で、忘れがちなのが、「死ぬとき、どんな自分で在りたいのか」ということ。

多くの人が、明日が当たり前のようにくると考えているんですよね、無意識に。

けれど、生まれたからには例外なく、いつか人は必ず死にます。

そのとき、「ゆるす」ことができていると本当に穏やかに逝けるはずです。

反対に「ゆるせない」状態のままなら、きっと後悔するだろうとわたしは考えているのです。

ゆるせないということは「愛」ではないから。

「愛」でないということは、本来の自分でない、ということ。

人間は死ぬとき「もっと自分に素直に忠実に生きればよかった」と後悔する人がもっとも多いのです。

「ゆるす」ことは、実際とても苦しいものです。

だからこそ、「ゆるす」ことは膨大なエネルギーが循環します。

「ゆるせない」でも「ゆるしたい」という方は、ぜひセッションにお越しください。

「ゆるす」だけで、自分の世界は大きくシフトしますよ。

初回限定セッションもあります